にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
女性センター講座「第2回、第3回多様な性のあり方〜LGBTも生きやすい社会へ〜」を開催します
 
   LGBTという言葉をよく耳にしますが、まだまだ正しく理解されているとは言えません。
 また、LGBTに関する知識は、家族や友人との間、子どもたちと共に生きる上でも大切なものです。
 この機会に、一緒に考えてみませんか? 

★平成29年12月16日に引き続き、第2回( 法第3回(◆砲魍催いたします。
 連続での参加をおススメしますが、1回のみの参加も受付けます。お申込みの際に、希望する回(日時)をお知らせください。


1 開催日時
  2回目)平成30年1月20日(土) 13:30〜15:30
 ◆3回目)平成30年2月4日(日) 13:30〜15:30
  
2 会場
  新潟県女性センター 女性団体交流室2
 (新潟市中央区上所2−2−2 新潟ユニゾンプラザ2階) 

3 対象
  テーマに関心ある方ならどなたでも 

4 講師
 ‐林 りょう子さん
 (NPO法人LGBTの家族と友人をつなぐ会)

 ∪亟 径一郎さん
 (お茶の水女子大学生活科学部発達臨床心理学講座
   准教授)

5 内容
  屮ミングアウトと家族、そして、アライの存在〜
  自分らしく生きていける社会づくりに向けて〜」

   家族や友人から、カミングアウトされた時…。
  「話してくれてありがとう」「あなたは、あなたの
  ままでいいよ」と寄り添うにはどうしたらいいでし
  ょうか?講師の体験談をお聞きし、親として、友人
  としてできることを考えます。
  ※アライとは:LGBTへの理解を示し、支援してくれ
   る人のこと。

 ◆峪劼匹發LGBTについての理解と関わり」
   児童、生徒に関わるすべての人にとって、LGBTに
  関する基本的な知識と適切な関わり方を知ることは、
  とても大事なことです。学校や家庭でLGBTである子
  どもたちと共に生きるためには、どのような心構え
  や環境が望ましいかについて考えます。

6 参加費
  無料 

7 定員
  各回30人(申込先着順) 

8 お申込み方法・締切
  参加を希望される方は、事前に申込みが必要です。
  名前・連絡先(住所、電話番号)・保育希望の有無を当財
 団までお知らせください。
  なお、電話でのお申込みの場合は、閉館日(当財団ホー
 ムページでお知らせしています。)を除いて、次の時間で
 お願いします。
  【平日】8:30〜17:15
  【土日祝日】9:00〜17:00
  当財団ホームページ「お申込みフォーム」もご利用いただ
 けます。

9 その他
   一時保育あります。
    ただし、生後6か月以上の未就学児で、予約が必要
 です。
  保育定員10人(先着順)。 
  保育協力費:子ども1人200円。
  保育申込締切:。鰻遑尭(土)必着
         ■鰻遑横影(日)必着

10 チラシはこちら
  https://npwf.jp/wp-content/uploads/155c6093c7f5a61c4a3f1e100765f841.pdf




 
開催期間 2018年01月20日 〜 2018年02月04日
連絡先 公益財団法人新潟県女性財団
  電話:025−285−6610
情報提供 公益財団法人 新潟県女性財団
新潟県新潟市中央区上所2−2−2 新潟ユニゾンプラザ2階
TEL:025-285-6610
E-mail:npwf@npwf.jp
URL:http://npwf.jp/

TOPへ戻る 一覧へ戻る