にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
JJCC助成プログラム
 
  ■応募・問合せ先:
ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会 助成プログラム担当
電話番号:03-4411-6720
e-mail: RA-MEDJPTO-JJCCJP@its.jnj.com

■応募締切:
2018年1月21(日)必着

■趣旨:
ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献員会(以下JJCC)では、人々のこころと身体の健康に関わる社会課題に対して長期的な視点で取り組むため、こうした分野で活動する非営利団体に対し、プロジェクトの助成を行っており、その時々の社会的ニーズにもとづき、支援が必要とされている領域を議論のうえ確定します。近年は特に、子ども、女性、東日本大震災からの復興という3つの領域を、優先的支援領域として活動しています。 

■募集対象:
本助成プログラムの申請団体は、原則として下記すべての要件を満たすこと。 
1.NPO 法人、財団法人、社会福祉法人、協同組合、社団法人など、非営利活動や公益事業の実施を目的とした法人格を有する団体であること
-営利団体、地方自治体、個人活動家などは対象外
2.申請案件と関連する分野での活動実績が 1 年以上あること
3.ジョンソン・エンド・ジョンソングループの製品の使用に影響を与える立場の公務員、およびその親類と、実質的なつながりがないこと

■対象事業
a)子どもたちへの支援:

一人一人の子どもが健康でこころ豊かに育ち、希望に満ちた未来へ羽ばたくことができる環境づくりをめざしています。さまざまな困難に直面している子どもたちを支え、未来の可能性を今よりもさらに広げていける、そうしたプロジェクトの実現を支援します。

b) 女性への支援:
女性は、家庭にあっては家族の健康に気を配り、精神的な支えとなって、未来を担う子どもを育てるという重要な立場にあります。また、一般社会においてもその一員として、健全な社会活動が営まれていくうえで大切な役割を果たしています。一人一人の女性に寄り添い、彼女たちが健やかに暮らすための手助けをしたいと願っています。

c) 東日本大震災の復興支援:
時間とともに変化する被災地の情勢を把握し、被災地への支援を長期的な視点で捉え、さまざまな形で積極的な取り組みを続けていきたいと考えています。

上述 a〜c の 3 領域にあてはまらないプロジェクトであっても、JJCC の目指す「誰もが健やかな毎日を過ごせる社会の実現(社会課題の解決)」に合致するプロジェクトであれば、申請は可能(国内でのプロジェクトに限る)です。「支援領域」という審査項目においては、同 3 領域のプロジェクトよりも評価が下がりますが、プロジェクトの裨益効果や持続可能性、申請団体の信頼性といった他の審査項目において同等の視点で審査を行い、その総合的な結果から助成可否を決定します。 

■年間助成金額:
1年間で最大1000万円まで

■関連URL:
http://www.jjcc.gr.jp/notice/noticeProgram201712.html
 
締切日 2018/01/21
関連リンク ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会
 

TOPへ戻る 一覧へ戻る