にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業
 
  <内容>
高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度の創設など、民間賃貸住宅や空き家を活用した新たな住宅セーフティネット制度が2017年10月25日から始まりました。
国土交通省は、住宅確保要配慮者向けの住宅を早期に確保し、その供給促進を図るため、既存住宅等を改修して住宅確保要配慮者専用の住宅とする場合の改修費を支援する「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」を創設し、公募を開始しています。

<募集する事業の種類>
住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業

<補助額>
専用住宅への改修工事
専用住宅の整備に係る改修工事に要する費用の1/3以内の額 (補助限度額:50万円/戸)
耐震改修工事、共同居住用住居に用途変更するための改修工事、又は間取り変更工事を実施する場合、
50万円/戸を加算

<応募・交付申請方法>
交付申請方法については、交付申請要領をご覧下さい。
交付申請要領、および交付申請の際の申請書様式に関する資料は、本ホームページよりダウンロードしてご使用ください。

<提出先>
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3−25 精和ビル5F
スマートウェルネス住宅等推進事業室 宛

<応募制限>
募集要項参照

<募集時期>
2018年4月20日〜2019年2月28日

<実施団体>
国土交通省

<関連URL>
http://snj-sw.jp/
 
<お問い合わせ先>
質問・相談については、原則として、電子メール又はファクスで行ってください。
なお、推進事業室に直接お越しいただいても事前相談等はお受けできません。
スマートウェルネス住宅等推進事業室
メールアドレス:snj@swrc.co.jp [補助事業の申請に関するご連絡]
F A X:03-6268-9029
電 話:03-6265-4905
※質問・相談には、事業名・発信者連絡方法(氏名・電話番号)を明記してください。
※併せて推進事業室ホームページ(http://snj-sw.jp/)掲載資料もご参照ください。
※電話でのご質問については、即答いたしかねる場合があります。
 
締切日 2019/02/28
関連リンク  
 

TOPへ戻る 一覧へ戻る